About Mysore Class

マイソールスタイルとは、南インドのマイソール市にあるAshtanga Yoga Research Instituteの創始者であり、アシュタンガヨガのシステムを構築したシュリ・K.パタビジョイス師により教え伝えられている、伝統的なヨガの指導法です。
この練習法は、呼吸の音しか聞こえない静かな室内で行われ、生徒はそれぞれの能力、経験、練習してきた年数等に応じて、個々に適切な箇所までを自主的に練習し、指導者は生徒一人一人の体力、柔軟性やスタミナ等を見ながら指導を行い、必要によっては新しいポーズを与えます。また生徒が更に深くポーズに入る必要があるときや、間違った姿勢を正しく戻すためにアジャストメントをします。生徒は初心者も上級者も関係なく、同じ部屋でとなりあって練習をします。
マイソールスタイルとは、最終的に生徒が強く自主的で依存することのない練習ができるようになる練習法なのです。

マイソールクラスの生徒達は、特徴的な動きを使って決められた順番通りにポーズと呼吸を同調させていく“ヴィンヤサ”と呼ばれるテクニックを学んでいきます。ヴィンヤサとは呼吸が紡ぐ糸により、ポーズとポーズを繋げていくことを指します。
また生徒はそれぞれが自主的な練習(セルフプラクティス)を行っていくことも学んでいきます。生徒はそれぞれが自由な練習を行いますが、時々レッドクラス(指導者のカウントに合わせて練習をする方法)を受けることにより従属することも学びます。理想的なマイソールスタイルとは、指導者が常に生徒の観察をしている上で生徒がセルフプラクティスを行い、必要なときにはアジャストメントやアドバイスが与えられ、また適時生徒の進歩を促す練習法なのです。

アシュタンガヨガの練習は基本的に毎日行われるものです。伝統的に土曜日と新月、満月を除く日は毎日練習を行います。

Beginners

初心者の方でも初めから問題なく、マイソールスタイルの練習に参加をすることができます。最初からマイソールクラスで練習することにより、最も安全かつ的確な方法でアシュタンガヨガを学ぶことができるのです。初心者は初めからその人にあった個人的な指導を受けることにより、しっかりとした練習の基礎を作ることができます。
マイソールクラスはしばしば上級者のためだけの練習法だと思われがちですが、全てのレベルの生徒がそれぞれ、先生の注意を受けながら新しいポーズをもらったり、個々の能力や進歩の度合いに従って練習を進めていくことができるのです。この方法により生徒は常に自分にチャレンジをすることができますが、決して能力以上のことをしてしまう危険性を防ぐことができます。
アシュタンガヨガを始めたばかりの生徒の方には、初めのうち少なくとも一週間に三回は練習をされることをお勧めします。これはきちんとしたスリヤナマスカーラA、Bができるようになるためにもとても大切なことです。最初の一週間はスリヤナマスカーラAのみから始め、次の週はBを追加して行って下さい。最初のうち、練習は30分以下で終わってしまうと思いますが、練習を重ねポーズが増えていく毎に練習時間は長くなっていきます。二週間が過ぎたらスタンディングポーズに入っていきましょう。

 

マイソール東京では、新しい生徒と今まで全く経験のない初心者の方の参加も随時受け付けています。 新しい生徒の方には、いくつか予めご理解頂いておいてほしいことがあります。まず最初の1ヶ月は最低でも週3回、できれば週5回の練習から始めるようにしてください。初心者の方の1日だけの参加やドロップイン、トライアルでのクラスは受け付けておりません。 アシュタンガ・ヨガの練習が初めてという方は、必ず6:30か8:45にクラスに来るようにしてください。

その後、最初の2週間が終了した後はいつでもご都合のよい時間に来て頂いて結構です。

最初の1ヶ月の練習というのは初心者の方にとってとても大切な時期であり、練習のプロセスや基本的な土台をしっかり学び理解するために、継続的な練習をして頂く必要があるため、どうかご理解ください。

ヨガとは練習であり、どう行っていくものなのかを学び、理解するには時間がかかるものです。

練習とそのプロセスを本当に理解し始めるには、少なくとも1ヶ月はしっかりとした練習期間が必要となります。 始めの頃は大抵30-40分程度の練習時間になるかと思いますが、練習が進み上級になるに従って時間は長くなっていきます。

また、理想的には練習を始める最初の日は月曜日であることが望ましいのですが、難しいようであれば金曜日か日曜日以外であれば、いつ始められても結構です。

また、マイソール東京ではクラスに参加される前に練習を見学することもできます。お気軽にご参加下さい。

The Mysore System

ポーズは決められた順番にそって、個々に生徒に与えられていきます。生徒がある特定のポーズが上手く取れない場合、練習全体の流れが妨げられない程度に先生がポーズを変形して教えることもあります。また一度新しいポーズが先生から与えられたら、生徒は毎日そのポーズまでを通して練習し、最期にバックベンドを行った後(適切な生徒のみ)フィニッシングポーズに入り練習を終了します。

先生は生徒が次のポーズに入る準備が整っていると判断したときのみ、新しいポーズを与えてくれます。

 

 

    • 先生
      マイソールクラスで練習をするときには、生徒は先生から新しいポーズをもらうまで練習を先に進めないということが非常に大切です。これを守ることによって生徒が先生にポーズを正しく直してもらったり、アジャストしてもらう機会が自然と生まれてきます。また生徒自身の中から先生や自分が練習を続けていくことに対しての敬意が生まれます。生徒は決して自分の判断で新しいポーズを始めることはできません。
    • アジャストメント

      W.A

      クラス中、先生は生徒にポーズの調整(アジャストメント)を行います。もしアジャストメントを受けたくない場合は、その旨を先生に遠慮無く伝えましょう。通常、練習が上級レベルに上がっていくに従い、生徒はアジャストメントを受ける必要を感じなくなり、更に上級者になるとアジャストメントを受けること自体が“練習の集中を妨げるもの”と感じるようになります。アジャストメントとは先生が生徒のポーズを正確な形に調整していくもので、それにより生徒が身体的にもエネルギー的にも正しい練習法へと向かうように導かれていきます。
      生徒は常に先生からアジャストメントを受けられることを期待しないようにしましょう。それは生徒が自主的な練習ではなく、先生に依存した練習をすることを助長してしまうからです。
      もしアジャストメントを受けている時に、痛みや不快感を感じた場合はすぐに先生にそのことを伝えて下さい。また、特定のポーズで先生からの指導やアジャストメントを受けたい場合も遠慮無く申し出てください。アジャストメントを先生がくれることを待ちながら練習するのは止めましょう、あまり長い時間先生を待っていると、せっかくの練習で流れているエネルギーや熱が失われてしまいます。また、今出来ていないポーズもいつか自分で出来る日が来るのです。

    • 練習の進歩について
      インドでは通常、ヨガを学ぶ人は一人の先生かグルを特定するので、生徒はどの先生の指導に従うべきなのかといった問題は生まれません。ですが日本やその他の国では、ワークショップなどで色々な先生達から新しいインスピレーションや経験を受けることができる機会がたびたびあります。ワークショップなどで指導をする特別な先生達は、あなたが通常練習しているポーズ以上のポーズを与えてくれることがあるかもしれません。ですがあなたがいつも指導を受けている先生は、常にあなたの練習を献身的かつ正確に見ています。ワークショップが終了し通常の練習に戻ったら、普段練習している先生の指導に従いましょう。
    • 練習を継続することについて
      マイソール東京では月曜から金曜までの週5日、朝6:00から9:45までクラスを行っています。練習は6:00からスタートできますが、指導は6:30から開始となります。アシュタンガヨガのシステムは基本的に毎日練習することによって効果が得られるように作られています。ですので、できれば最低でも週に3回、一ヶ月は続けて練習をすることをお勧めします。
      伝統的に練習は毎日行いますが、土曜日と新月、満月の日はお休みになります。最初のうち、毎日練習を続けるということは本当に大変なことに思われるでしょう。ですがそれにも徐々に慣れていきます。クラスには毎日参加されることが一番望ましいのですが、週に何回かクラスに参加し、それ以外の日は家で練習するという方法でも十分です。またクラスが家から遠い方やすでに自主練習を常に行っている方などは、時々ドロップインでクラスに参加されるだけでもよいでしょう。
    • テキストを見ながらの練習とポーズの順番を覚えることについて

正しいヴィンヤサとポーズの流れを知ることは、正しいポーズを取ることと同じ位重要な練習です。もしあなたがまだポーズの順番を完璧に覚えていなくても、マイソールクラスに参加することについては全く問題ありません。順番を覚えるまでにそれほど時間はかからないでしょう。クラスの間は常に先生から指導や助けを受けられますので、次のポーズやヴィンヤサの流れが分からない時はいつでも質問することができます。次のポーズが何か自分で考えるよりも、この方が楽に練習を続けることができます。

もしアシュタンガヨガのポーズの順番が載っているテキストなどを持っていても、それは自宅での勉強に使用して、練習時には持ち込まないようにしましょう。何度もガイダンスに従って練習していくうちに、自然とポーズの流れが身に付いていきます。そして思っているよりも早くポーズの流れが自分のものとなり、練習全体があなた自身のものとなっていくことに驚くことでしょう。

back to Pagetop

練習時の注意事項

      • 練習の三時間前から食事を取らないようにしましょう。
      • 練習前に入浴することをお勧めします。
      • 練習中は香水、デオドラント製品、オイルなどを使用しないようにしましょう。他の生徒さんのアレルギーを引き起こす原因にもなります。
      • 生理中は少なくとも3日間練習をお休みしましょう。
      • 怪我や病気のある場合、また妊娠中などは予め先生に申し出て下さい。
      • 練習を楽しみましょう!

何か質問があれば練習前後を問わずお気軽にどうぞ。

Should I go to Mysore?

アシュタンガヨガを学ぶ全ての生徒さんに対して、機会があれば南インド、マイソール市のシャラート・ラングスワミーの下で練習されることをお勧めします。マイソールでは全てのレベルの生徒(完全な初心者でも)が練習に参加することができます。もしマイソールのAshtanga Yoga Instituteに行って練習することを本当に計画しているのであれば、下記条件に従って事前に申し込みを行って下さい。

【事前申し込み】

  • マイソールのAshtanga Yoga Research Instituteで指導を受けたい生徒の方は、まずはオンライン登録を行ってください。その際にパスポートと写真のPDFコピーの添付が必要となります。大きさは全部で500KB以内に収まるようにしてください。
  • 登録申込は到着予定日の4ヶ月前から可能になります。シャラは一年の内、一部の期間は非常に混み合い予約ができないことがありますので、なるべく早いタイミングでの予約をお勧めします。
  • 申込は到着日の2~4か月前には完了しているようにしてください。2ヶ月(60日)前までに完了していなかった場合、シャラでの練習ができませんのでご注意下さい。また4ヶ月以上前に申込をしても無効となります。
  • 新旧問わず全ての生徒はKPJAYIに来る前に申込書に記入し、シャラ宛に送信を済ませておいて下さい。申込書が送信されていない生徒はマイソールのKPJAYIでのレジストレーションができません。
  • アシュタンガヨガを全く経験をしたことがない初心者の方は、まずはサラスワティのクラスへの参加が必要となります。プラクティスの方法を知っている方は、シャラートかサラスワティのクラスのどちらか選ぶことができます。
  • マイソールでの練習は一回の滞在につき最低1ヶ月が必要となり、3ヶ月以上は認められません。また前回のマイソール滞在から少なくとも6か月以上は空けた上で、次の滞在日程を計画するようにして下さい。これは一回の滞在が1ヶ月であっても3ヶ月であっても同様です。
  • 渡航前には必ず大使館で、どのような種類のビザが必要なのか調べた上で、自分の国籍と目的に合ったビザを取得するようにしてください。観光ビザが取得には比較的簡単ですのでお勧めです。

【マイソールでのレジストレーションについて】

マイソールに到着後、シャラでの本登録を行ってください。月曜~金曜の3:30~5:30、または日曜の3:30~4:30内で受け付けております。

  • 本登録では、事前登録とは別の申込書への記入が必要となります。その際にパスポートサイズの写真とビザページのコピーを忘れずに持参して下さい。
  • お金の支払い方法については、直接シャラへ電話かメールでお問い合わせ下さい。
  • シャラート・ランガスワミ・ジョイスとマイソールで練習することは、全てのアシュタンガ・ヨガの練習生に推奨されていることです。一般的に言われていることと相対しますが、マイソールへ行くことは全てのレベルの練習生、また初心者の方にも歓迎されています。